海運部門

石炭専用船

写真:石炭専用船 永年の経験と実績に基づくノウハウにより、お客様に安心してご満足の頂けるサービスを提供しています。パナマックス級の大型船や近海輸送の中型船、国内からの内航小型船に対応し、港湾における外国貿易貨物や国内流通貨物について、海上輸送と陸上輸送に関連するあらゆる物流業務を一貫してお引き受けします。

万葉ふ頭クレーン式アンローダー

写真:万葉ふ頭クレーン式アンローダー 2006年3月より供用開始した万葉3号ふ頭は、全長280m・暫定水深12m、DW55,000tの大型パナマックスに対応できる岸壁です。毎時500tの大型クレーンを設置する一方、多様化するニーズに応えるため背後地の整備も進めております。

バラ貨物用ホッパー

写真:バラ貨物用ホッパー 「環境にやさしい」荷役への改善に取り組み、バラ貨物専用ホッパーを導入しました。輸送の効率化と省エネルギー化や粉塵の飛散防止に効果があり、平成18年度グリーン物流普及事業の認定を受けております。

内航RO/RO船

写真:内航RO/RO船 国内物流では、集荷から配送までの一貫輸送サービスを内航のRO/RO(ROLL-ON・ROLL-OFF)船で一括大量輸送することにより、モーダルシフトのコストメリットとCO2の排出削減にも大きく貢献いたします。

木材課

写真:木材課 街や家をやさしく包む木材製品、そのもととなる原木や製材を揚げ荷する日本有数の港です。

ロシア事業課

写真:外航RO/RO船 中古車等積荷 外航RO/RO船 中古車等積荷
ロシア向けを中心に中古車300~600台を積載できる船舶が定期的に入港しており、ウラジオストクまで2日間で輸送が可能です。


写真:建設機械等積荷 建設機械等積荷
ロシア向けを中心に建設機械(新車)を定期的に船積みしています。RO/RO方式によるスピーディーで安全な船積を行っています。