沿革

1944年 伏木港湾運送株式会社(1941年2月伏木港所在の回漕業者8社を集約統合して設立)と日本通運株式会社伏木支店(1942年3月日本通運株式会社が伏木合同運送株式会社を吸収し新設合併)とが新設合併し、伏木海陸運送株式会社が設立され、伏木港において営業を開始する。
1963年 当社の株式を公開するため東京事務所を開設し、東京証券取引所市場第二部へ新規上場(資本金2億円に増資)する。
1968年 富山新港開港に伴い富山新港事務所(現 富山新港支店)を開設する。
1975年 日本—ソ連極東各港との定期配船指定港となり、伏木~ソ連極東諸港との間に在来定期配船が始まる。
1984年 富山新港に、初めてのコンテナ定期航路(富山新港~ソ連・ボストーチヌイ港)が開設され、輸出入コンテナ貨物の取扱、並びにコンテナターミナルにおけるオペレーション業務を開始する。
1986年 西ドイツ・デュッセルドルフに事務所を開設する。(2007年3月閉鎖)
1990年 釜山—富山新港間に定期コンテナ航路の開設に伴い、釜山を中継港として富山新港と世界各国とを結ぶと物流ネットワークシステムが確立される。
1992年 ロシア・ウラジオストックに事務所を開設する。
1993年 伏木港に、定期客船航路(伏木港~ロシア・ウラジオストック港)が、開設される。
1998年 中国・大連に事務所を開設する。伏木外港・万葉ふ頭が供用開始される。
1999年 ISO9002(品質マネジメントシステム)認証取得。(2014年に更新取り止め)
2002年 富山新港・多目的国際ターミナルが供用開始される。
2005年 中国・上海に事務所を開設する。(2017年12月閉鎖)
2006年 伏木万葉ふ頭、多目的国際ターミナル供用開始される。
2011年 伏木富山港が日本海側の総合的拠点港に選定される。
2013年 AEO制度に基づく「特定保税業者」の承認(大阪税関)。
2014年 伏木富山港 国際定期コンテナ航路 就航30周年。
2018年 富山新港開港50周年。
AEO制度に基づく「認定通関業者」の認定(大阪税関)。
2019年 創立75周年記念館完成。
伏木港開港120周年。